スポンサーサイト

  • 2010.06.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


第二京阪道路 高速道を地車走る?全通前の祝賀イベント(毎日新聞)

 20日の第二京阪道路(京都市伏見区−大阪府門真市間28.3キロ)の全線開通を前に、大阪府門真市の地元住民らが開通を祝うイベントが7日開かれ、高速道路上を地車(だんじり)が曳行(えいこう)される珍しい場面があった。

【写真特集】彼岸の空に「ソーリャ」 岸和田だんじり祭

 門真市で地区の秋祭りで使う地車3基が登場。沿線の門真市8自治会住民など1500人が参加し、曳(ひ)き手の勇ましい掛け声とともに、太鼓の演奏で盛り上がった。

 20日には未開通区間の枚方東インターチェンジ−門真ジャンクションの16.9キロが完成、京滋バイパスと近畿自動車道が結ばれる。京都−大阪間の移動が便利になり、国道1号の渋滞が緩和されることが期待されている。総事業費は1兆円。【山口朋辰】

【関連ニュース】
【写真特集】日本各地のさまざまな祭り
【写真特集】首都高では結婚式が行われたことも
湯かけ祭り:八ッ場ダムの地元は一面湯気 川原湯温泉
顔に墨塗りつける奇祭「すみつけ祭り」 山村に笑いがこだま

八戸水産高の実習船「青森丸」の無事を確認(産経新聞)
重体の4歳女児死亡…宮城アパート火災(産経新聞)
ネパールPKO、4カ月延長(時事通信)
橋下府政の借金は一体いくらなの?(産経新聞)
「500系のぞみ」がラストラン=世界で初めて300キロ運転実現(時事通信)

「規制仕分け」も検討=行政刷新分科会、来月スタート(時事通信)

 政府は3月上旬にも、行政刷新会議の下に規制・制度改革分科会を設置し、規制改革の議論を本格的にスタートさせる。分科会は、2009年度末で設置期限を迎える政府の規制改革会議の後継組織で、環境、医療、農業を重点分野に、6月までに一定の結論を出す方針。省庁や業界団体の抵抗が強ければ、予算の無駄を削る「事業仕分け」の手法と同じように、公開の場で見直しを迫る「規制仕分け」を行うことも検討している。
 分科会は、会長の大塚耕平内閣府副大臣、会長代行の田村謙治政務官と民間人メンバーの計十数人で構成。環境、医療、農業の三つのワーキンググループを設ける。規制改革会議議長の草刈隆郎日本郵船相談役ら同会議の中核メンバーも引き続き起用する方向で、大塚氏は「前政権よりポジティブに臨む」と政治主導による規制改革推進に意欲を示す。
 具体的なテーマは検討中だが、環境分野では太陽光パネル導入促進のための規制緩和などが取り上げられる見通し。保険診療と保険外診療を併用する混合診療の全面解禁など、規制改革会議の積み残しの課題も検討対象となる。 

【関連ニュース】
週1回、記者会見を開放=事前登録で参加認める
社会資本審委員、大幅入れ替え=新任10人、政策転換をアピール
仕分け対象で7基準=天下り受け入れなど
行政刷新相らが資産訂正
稲盛内閣顧問に辞令交付=鳩山首相

病腎移植、きょう臨床研究2例目実施 親族間移植は初(産経新聞)
裁判員裁判で猶予判決の男に実刑=保護観察中に窃盗−横浜地裁支部(時事通信)
<訃報>熊谷清さん91歳=元川崎汽船社長(毎日新聞)
船形山遭難事故 男女3人が自力下山(産経新聞)
JR北、函館線・室蘭線で24本運休(読売新聞)

皇太子さま アフリカ2カ国訪問を前に会見(毎日新聞)

 皇太子さまは3日、アフリカのガーナとケニアを公式訪問するに当たり、お住まいの東宮御所(東京都港区)で会見した。皇太子さまは「ガーナ、ケニア両国の社会、歴史、文化などへの理解を深めるとともに、アフリカ大陸の抱えるさまざまな課題をよりよく知りたいと思います」と抱負を述べた。

 同行を見合わせた皇太子妃雅子さまに対しては「お医者様とも相談した結果、私1人で訪問することとなりました」と述べた。皇太子さまは6日に政府専用機で出発。15日に帰国する。【真鍋光之】

国内後発品市場参入へ4月に「第一三共エスファ」設立(医療介護CBニュース)
<北教組事件>書記長ら2人で資金捻出 組織的に引継ぎか(毎日新聞)
小沢氏の自発的決断を期待 前原国交相(産経新聞)
<性同一性障害>中1女子が男子として通学へ 鹿児島(毎日新聞)
診療報酬22年度改定 30床の療養病院 在宅患者の暮らし支える(産経新聞)

<鳩山首相>親が自殺した遺児と官邸で面会(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は25日午前、親が自殺した遺児5人(22〜31歳)と首相官邸で面会した。施政方針演説で「いのちを守りたい」と訴えた首相は、遺児たちに自殺対策の充実を求められ、「皆さんの頑張っている気持ちを受け止めていける政府にしたい」と語った。

 中学2年の時に精神科医の父を亡くした大阪大医学部2年の野崎望聖(もうせ)さん(22)は首相に「(国会答弁で)自殺に高い関心があると知ってすごく感激しました」と話した。

【関連ニュース】
首相偽装献金:元秘書の初公判は3月29日
首相官邸:実弾?入り封筒、小沢氏事務所にも
鳩山首相:小沢、石川氏に「説明義務」
加藤紘一氏:「秘書がやったことは…」首相に「責任」迫る
鳩山首相:トラック運転手が表敬訪問

<掘り出しニュース>出雲鍋料理コンテスト、大賞は「いづもあなたのそば煮鍋」(毎日新聞)
女性の更年期の悩み 増える内臓脂肪 メタボに注意(産経新聞)
小沢氏続投、重ねて強調=首相(時事通信)
時効の撤廃・延長を答申=人命奪う罪に限定−法制審(時事通信)
蜜柑水

<名古屋ひき逃げ>運転の男を起訴 危険運転致死罪(毎日新聞)

 名古屋市熱田区の男女3人死亡ひき逃げ事件で、名古屋地検は26日、運転者でブラジル人の岐阜県美濃加茂市、中古車販売業、ロシェ・デ・フレイタス・ファブリシオ容疑者(26)を危険運転致死、道路交通法違反(ひき逃げなど)の罪で名古屋地裁に起訴した。同地検によると、ロシェ被告は人をはねたことを認める供述をしているという。

 起訴状によると、ロシェ被告は1日午前0時55分ごろ、名古屋市熱田区六番の国道1号交差点に赤信号を無視して進入し、歩道の3人をはねて死亡させたなどとされる。

 一方、地検が同乗のブラジル人3人について、危険運転致死罪での起訴を見送る方向で検討していることが、関係者への取材で分かった。【山口知】

【関連ニュース】
名古屋ひき逃げ:赤信号無視し進入…運転の容疑者が供述
名古屋ひき逃げ:危険運転致死容疑で同乗の2人再逮捕
名古屋ひき逃げ:4人目の男逮捕 危険運転致死容疑
名古屋ひき逃げ:運転の男を送検 危険運転致死容疑
名古屋ひき逃げ:運転者の男 逃走中に知人宅で1泊

弁護士が7億脱税容疑、会計士の元妻らも(読売新聞)
生徒の父に出身中傷の手紙、高校教諭を逮捕(読売新聞)
<津波>太平洋沿岸、東海地方まで警報を注意報に…気象庁(毎日新聞)
<大学入試>龍谷大、欠席者に「合格」通知(毎日新聞)
1月の自殺者、7.2%減=5カ月連続で前年下回る−警察庁(時事通信)

公明、露骨な民主寄り 介護政策提言 代表、協力姿勢を強調(産経新聞)

 公明党の山口那津男代表は24日、鳩山由紀夫首相と首相官邸で会談し、介護施設待機者解消や、低年金・低所得者の利用者負担の見直しなど12項目の政策提言「新・介護公明ビジョン」を提出した。公明党は“野党暮らし”に焦りを募らせているようで、自民党をジワジワと遠ざけ、政府・与党ににじり寄る姿勢が鮮明になってきた。

 「われわれが調査結果をもとに政策提言にまとめました。お渡しします」

 山口氏がやや緊張気味に提言を差し出すと、首相は「大いに参考にしたい。具体的な内容を早速検討するよう厚生労働省に促したい」とにこやかに応じ、速やかに長妻昭厚生労働相を呼んで検討を指示した。

 山口氏の政治資金規正法改正に向けた与野党協議機関設置の求めにも、首相は「民主党として早急に立ち上げたい」と応じた。

 首相の思わせぶりな態度に山口氏は大喜び。その後の記者会見では、他の政策課題についても「政府から呼びかけがあれば、積極的に対応したい」と述べ、鳩山政権への協力姿勢をアピールした。

 「福祉の党」を掲げる公明党は、社会保障政策で「大きな政府」志向が強く、自民党より民主党に近いといわれてきた。党内人事では民主党の小沢一郎幹事長に近いとされる市川雄一元書記長を常任顧問に起用するなど「民主党シフト」を取りつつあり、今回のトップ会談もその一環との見方は強い。

 今回の政策提言でも、自公政権で平成24年3月の廃止方針を決めていた介護療養型医療施設を「倍増」と明記するなど自民党離れは露骨になっている。山口氏は、自民党の審議拒否戦術を「審議に応じないのは国民の期待に反するのではないか」と批判してみせた。

 公明党は18日には、みんなの党と公務員制度改革や地域主権型道州制の導入で政策協議を行うことで一致した。みんなの党と足並みをそろえ、「改革の党」をアピールし、第3勢力としての存在を高めたいとの思惑も透けてみえる。

【関連記事】
民主系敗北 喚問拒否は民意に反する
地方選勝利の勢いで自民が強気の審議拒否
小沢幹事長を無視? クロでも居残り議員が続々… 
公明と政策協議 みんなの党・渡辺代表
衆院予算委、「経済・外交」で集中審議へ 小沢氏招致は×

日本主導で核軍縮会議=今年後半の開催目指す−岡田外相(時事通信)
全国5番目の規模の河内大塚山古墳は未完? 初の立ち入り調査(産経新聞)
自民、審議拒否を続行 「子ども手当」法案、午後に審議入りへ(産経新聞)
猿回し2代目、話芸で勝負 5歳雄の方が少し偉い あす大阪でお披露目公演(産経新聞)
「金なくなり自暴自棄に」=竪山容疑者を送検−千葉大生殺害放火(時事通信)

長谷川等伯 特別展23日開幕 東京国立博物館で(毎日新聞)

 安土桃山時代の絵師、長谷川等伯(1539〜1610)の作品を一堂に集めた「没後400年 特別展『長谷川等伯』」(主催・東京国立博物館、毎日新聞社、NHKほか)の開会式と内覧会が22日、東京・上野の東京国立博物館であった。23日に開幕し、3月22日まで(最終日を除き月曜休館)。

 同展には、日本の水墨画の最高峰といわれる「松林図屏風(しょうりんずびょうぶ)」、京都・智積院(ちしゃくいん)所蔵の金碧(きんぺき)障壁画「楓図壁貼付(かえでずかべはりつけ)」など国宝3件、重要文化財27件を含む73件が出展される。

 開会式で銭谷真美・東京国立博物館長は「国内の等伯作品をできる限り網羅し、等伯の全貌(ぜんぼう)を一挙に公開する史上最大規模の大回顧展です。魅力あふれる作品の数々をぜひ堪能していただきたい」とあいさつした。

 内覧会には約1900人が出席。等伯ファンで等伯を主人公にした歌舞伎を構想しているという歌舞伎俳優の中村吉右衛門さんも訪れ、松林図屏風などの作品に熱心に見入っていた。【森本英彦】

【関連ニュース】
長谷川等伯展:展示作業行われる 東京国立博物館
国宝土偶展:入場者10万人を突破 2月21日まで開催
長谷川等伯展:出品の国宝2点搬出 京都・智積院から
皇后さま:「国宝 土偶展」を鑑賞 東京国立博物館
「アシュラー」に「仏像ガール」 広がる仏像人気

【党首討論詳報】(6)公明代表「今年の確定申告済ませたか」(産経新聞)
リスニングでミス 都立高入試実施(産経新聞)
理科で範囲外から出題=国立高専入試(時事通信)
陸上部への移設 名護市長は反対 基地問題、首相と会談(産経新聞)
<ゴールドディスク大賞>洋楽はビートルズ 邦楽は「嵐」(毎日新聞)

ジャンプ葛西の地元・下川町、“五輪皆勤賞”表彰へ(スポーツ報知)

 バンクーバー五輪のスキージャンプ個人ラージヒルで、ベテランの葛西紀明(37)が8位入賞を果たした。今回の好成績と、冬季五輪の日本人最多となる6大会連続出場の偉業に対し、葛西の出身地の北海道・下川町では“五輪皆勤賞”のような形で表彰することを検討。まだ団体戦を残すが、安斎保町長(72)は「7回目の出場を目指してほしい」と2014年ソチ五輪に向け、早くもエールを送っていた。

 下川町の福祉センターに、この日早朝から町長と町民約100人が集合し、地元出身の葛西と伊東大貴(24)に大声援を送った。午前3時半からテレビの前で待っていたという安斎町長は「1回目のジャンプのときは、顔を見てたら緊張してたようで、ちょっと残念。でも、2回目は素晴らしいジャンプだった。よく頑張ってくれました」と声を弾ませた。

 葛西は6大会連続出場中。冬季五輪の日本人最多で、世界でも最多タイ記録となる。この記録と今回の活躍に対し、「ジャンプという体力のいる種目で6度も出続け、成績を出すのはすごいこと。関係各所にも、いろいろうかがうが、顕彰はしたいと思う」と“五輪皆勤賞”のような形の栄誉表彰を考えていることを明かした。既に葛西は町の栄誉賞を受賞済みで、異例の再受賞となるが「努力をされているから、賞は何度差し上げてもいい」と町長は乗り気だ。

 人口3765人の小さい町だが、葛西と日本選手団主将の岡部孝信、伊東大貴と、今回の代表3人が生まれた。複数代表を送り出した市町村の中では、人口当たりの“代表率”は最大。大小ジャンプ台を4基備え、子供の頃から競技に親しむ環境が整う。近年は、道外から下川商高に“ジャンプ留学”する生徒も増えた。「葛西選手は町の誇りですよ。本人の意向もありますが、7度目の五輪も目指してほしい」。町長はジャンプのメッカのシンボル選手として、葛西の競技続行を期待している。

 23日(現地時間22日)の団体戦は、ここまで出番のない岡部が出場する可能性もある。今度こそメダルの期待を懸け、下川町の熱気は盛り上がる一方だ。

 ◆八木弘和氏が現役に太鼓判 〇…80年レークプラシッド五輪銀メダリストで、ジャンプ日本代表のコーチも務めた八木弘和氏(現・フィットネスクラブ「アクアエイト」代表)は、葛西について「筋力の衰えを本人が感じず、モチベーションさえ下がらなければ現役を続けられる」と話した。ジャンプ競技は「持久力は必要ではないから、年齢はあまり関係ない。体重コントロールも経験がものをいう」と現役続行に太鼓判を押していた。

 【関連記事】
スキー連盟会長が私見「団体は岡部に飛ばせたい」…ジャンプ
ジャンプ陣の地元ではV字フランスパンがヒット
主将・岡部ラージヒルも外れた「仕方ない」…ジャンプ
岡部がラージヒルも外れる…ジャンプ
バンクーバー五輪 スキージャンプ ラージヒル を調べる

元最高裁判事が衝撃告白 参政権判決「政治的配慮あった」(産経新聞)
<機密費>前政権末期の支出「それまでと異なる」 政府見解(毎日新聞)
介護保険制度への意見を募集―厚労省が初の試み(医療介護CBニュース)
J&J元代表を脱税で在宅起訴(産経新聞)
ゲーセンで500万円強奪 東京・練馬(産経新聞)

部品点検失念で10便欠航=期限1年超過も−全日空便(時事通信)

 全日空グループのエアーニッポンネットワークが運航するボンバルディアDHC8−Q300型機3機で、1万5000飛行時間ごとに機体から外して点検することになっている部品を、期限を過ぎても点検せずに飛行させていたことが17日、明らかになった。
 同社は同日、3機の運航を停止。17日の札幌・丘珠−函館線など北海道内便6便と、18、19両日の羽田−三宅島線4便の計10便が欠航となった。
 全日空などによると、点検していなかったのは、プロペラの角度を変えるための部品と、それに接続するオイル配管。点検期限を1200〜1900飛行時間(通常運航で200日〜1年程度に相当)も超過したまま飛行させていた。
 2001年の機体購入時に点検期限を整備管理コンピューターに入力すべきだったのに、担当者が入力を失念したとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
日航の国際線旅客3%減=全日空は18%増
操縦免許置き忘れで3便遅延=羽田

ひこにゃんに全国のファンからバレンタインチョコ(産経新聞)
<名古屋市議会>開会 87議案提案(毎日新聞)
税制改革案も参院選公約に 自民・石破氏が表明(産経新聞)
<不正アクセス>和歌山の小6女児を補導 徳島県警(毎日新聞)
<マータイさん>MOTTAINAIショップを訪問(毎日新聞)

元ボクサーに「区分審理」、裁判員導入後初か(読売新聞)

 強盗致傷や窃盗など8件の事件で起訴された元プロボクサー、トーレス・マルティネス・健文被告(22)について、大阪地裁は事件を分割して審理することを決めた。

 「区分審理」と呼ばれ、19日からの公判で強盗や窃盗など裁判員裁判対象外の7事件について裁判官が有罪か無罪かを判断し、4月に行われる裁判員裁判で強盗致傷罪と合わせて量刑を決める。

 区分審理は裁判員裁判導入後、初ケースとみられる。トーレス被告は昨年5月、大阪市内でタクシー運転手を殴って1万7000円を奪ったとされる強盗致傷罪のほか、置き引き、コンビニ強盗などの事件でも起訴されている。

公務員法改正案 閣議決定 人件費、定数削減先送り(産経新聞)
<千葉大生殺害>現場を複数回下見 「入りやすそうだ」(毎日新聞)
「1Q84」続編、1万冊予約に最速12日間(読売新聞)
織田信成応援団「靴ひもの変」に清洲城から悲鳴(スポーツ報知)
大阪・堺市議に参加要請 「橋下党」23日準備会(産経新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
自己破産
即日現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
探偵
借金整理
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM