<< 暴力団の入居排除へ 港区のビル所有者が協議会(産経新聞) | main | 部品点検失念で10便欠航=期限1年超過も−全日空便(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


元ボクサーに「区分審理」、裁判員導入後初か(読売新聞)

 強盗致傷や窃盗など8件の事件で起訴された元プロボクサー、トーレス・マルティネス・健文被告(22)について、大阪地裁は事件を分割して審理することを決めた。

 「区分審理」と呼ばれ、19日からの公判で強盗や窃盗など裁判員裁判対象外の7事件について裁判官が有罪か無罪かを判断し、4月に行われる裁判員裁判で強盗致傷罪と合わせて量刑を決める。

 区分審理は裁判員裁判導入後、初ケースとみられる。トーレス被告は昨年5月、大阪市内でタクシー運転手を殴って1万7000円を奪ったとされる強盗致傷罪のほか、置き引き、コンビニ強盗などの事件でも起訴されている。

公務員法改正案 閣議決定 人件費、定数削減先送り(産経新聞)
<千葉大生殺害>現場を複数回下見 「入りやすそうだ」(毎日新聞)
「1Q84」続編、1万冊予約に最速12日間(読売新聞)
織田信成応援団「靴ひもの変」に清洲城から悲鳴(スポーツ報知)
大阪・堺市議に参加要請 「橋下党」23日準備会(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.12 Saturday
  • -
  • 00:40
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック