<< <厚労省調査>2人目以降の出生、夫の育児時間長いほど増加(毎日新聞) | main | <自民>議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


加害男性から今年も謝罪の手紙届く 神戸児童連続殺傷事件(産経新聞)

 神戸市須磨区で平成9年に起きた連続児童殺傷事件で亡くなった山下彩花ちゃん=当時(10)=の遺族に、当時14歳だった加害男性(27)から謝罪の手紙が届いた。彩花ちゃんの母、京子さん(54)は「昨年よりも人とのかかわりを考える姿勢が感じられた」と話している。

 男性は、23日の彩花ちゃんの命日に合わせた手紙を19年から毎年届けている。京子さんによると、手紙は18日夜、昨年に続き同市内で男性の両親らと面会して受け取った。あて名と差出人が書かれた封筒に、ペンで横書きされた4枚の便箋(びんせん)が入っていたという。

 自身の住所や職業、家族についての記述はないが、男性が社会とかかわり、人とのつながりの中で生活しているといった趣旨の近況報告があった。京子さんは「私信のため」として詳細は明らかにしなかったが、手紙には謝罪や反省の言葉も書かれていたという。

 京子さんは「男性が日常の中での(人の)ふとした言葉に、『人の優しさ』を感じているように思えた」とし、「自分のしたことの重さを自覚し、被害者の苦しみを想像しようとする姿勢が感じられた。読み返すなかで思うことがあれば、返事を出したい」と話している。

【関連記事】
加害男性から謝罪の手紙 神戸児童連続殺傷事件
亀井氏釈明「不適切」 連続児童殺傷引用
連続児童殺傷遺族の土師守さんが講演 兵庫の犯罪被害者団体
「かなりの変化感じる」連続児童殺傷の被害者父に加害男性から手紙
心のノート「気持ち悪い」に反論 正義教育

<人事>最高裁判事に慶応大学院・岡部教授(毎日新聞)
二審は賠償減額=北の湖八百長報道−東京高裁(時事通信)
【きぼうの未来へ】山崎直子さん初飛行(上)宇宙での生活にこだわり(産経新聞)
スギヒラタケ 強い毒性、腎機能正常でも 高崎健康福祉大(毎日新聞)
雑記帳 鉄道ファンの聖地に新施設(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.12 Saturday
  • -
  • 14:50
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
自己破産
即日現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
探偵
借金整理
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM